« 弱者バッシングが当たり前の社会の恐怖 | トップページ | TPP影響、農産物40%減 »

2013年4月 2日 (火)

怪しげな国民栄誉賞

昨日、政府から国民栄誉賞に元巨人軍の長嶋茂雄氏と松井秀喜氏が決定したとの発表があった。

ものすごく怪しい。なぜ今なのか。政治家は選挙を当然意識していることは明らかだ。

この前安倍首相と全国紙の新聞社の社長との懇親会があり、当然読売の渡邊恒雄氏との話もしているらしい。

こうやって、マスコミと政治家は、持ちつ持たれつの関係を作っていく。そして大手マスコミは政治家の意図を代弁する道具になってしまう。

権力におもねることなく、真実を追求する報道の原点は、どこへいったのか。

政治でけがれた国民栄誉賞は拒否すべきではなか。

« 弱者バッシングが当たり前の社会の恐怖 | トップページ | TPP影響、農産物40%減 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70066/57087472

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しげな国民栄誉賞:

« 弱者バッシングが当たり前の社会の恐怖 | トップページ | TPP影響、農産物40%減 »